噂で痛い言ってホント?ニードル脱毛について

今回は脱毛の中でも昔から行われている、ニードル脱毛について詳しく解説していきます😎

こちらでは、少しでも皆様にとって有益となる情報を発信して行きたいと思います☝️

ニードル脱毛とは?

ニードル脱毛とは、電気が流れる針を使って施術する脱毛方法です⚡️

脱毛方法には、ニードル脱毛の他にも医療レーザー脱毛や光脱毛があり、こちらが一般的に脱毛の主流となっています。

ニードル脱毛の施術をしているお店はそれほど多くありませんが、脱毛の種類のなかでは、永久脱毛ができる唯一の方法です。

またニードル脱毛の中にも色々な種類の脱毛方法が存在します。
主な方法として「高周波針脱毛」「ブレンド法」「絶縁針脱毛」「ショートウェーブ法」などがあります。

👉ブレンド法

電気分解による熱と水素ナトリウムの効果によって脱毛する方法です。「フラッシュ法」と「電気分解法」の良い部分を組み合わせた施術方法です。

👉絶縁針脱毛

針先以外の部分は絶縁状態になっています。そのためニードル脱毛のなかでも肌へのダメージが少ない方法とされています。

👉ショートウェーブ法

毛穴に針(プローブ)を挿入し、高周波を流して毛根部分にダメージを与える脱毛方法です。高周波を流す時間が短いため、痛みも少ない施術方法となっています。

ニードル脱毛のメリットとデメリットをご紹介いたします✨

ニードル脱毛によって得られる主なメリットをご紹介します。

毛の色が薄い方や細い方でも効果があるニードル脱毛は、毛の色が薄い方や細い方でも効果を実感できます。医療レーザー脱毛や一部の光脱毛の場合、毛の色が薄いことで脱毛の効果が実感しづらくなります。ニードル脱毛であれば、毛の色や太さに関わらず脱毛が可能です。

👉肌質や肌の色を問わない

肌質や肌の色を問わないニードル脱毛は、肌質や肌の色に関わらず施術できます。レーザーや光を照射する場合、日焼けした肌や色素沈着している部分などに施術できない可能性があります。脱毛の効果が低くなることや、やけどのリスクがあるためです。
ニードル脱毛は、光の照射ではなく一つひとつの毛穴に針を直接挿入するため、肌質や肌の色を問わずに施術できます。

👉施術時に毛がなくなる

ニードル脱毛は一つひとつの毛穴に針を挿入して施術するため、毛をしっかり脱毛することが可能です。施術時から毛が生えてこなくなるメリットが得られます

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛にはメリットだけではなくデメリットも存在します。主なデメリットをご紹介します。

👉非常に強い痛みを感じる

ニードル脱毛は毛穴に針を挿入する脱毛方法のため、施術時には非常に強い痛みを伴います。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みに耐えることができず途中で断念してしまう方もめずらしくありません。また、当日脱毛箇所が腫れてしまうことも多くあります。

👉脱毛完了までに時間がかかる

ニードル脱毛は一つひとつの毛穴に針を挿入する脱毛方法のため、脱毛が完了するまでに時間がかかります。また強い痛みを伴うため、1日の施術時間が限られる点も脱毛完了までに時間がかかる理由となっています。

👉費用がかなり高額

ニードル脱毛は医療レーザー脱毛や光脱毛と比較して費用がかなり高額です。ニードル脱毛の場合、部位ごとの料金設定ではなく、施術時間や施術した毛の本数によって料金が設定されています。そのため高額になりやすいデメリットがあります。

ニードル脱毛がおすすめの方

強い痛みを伴うなどデメリットのあるニードル脱毛ですが、「痛みに強い方」「脱毛の仕上げをしたい方」「費用を重視しない方」にはおすすめできます。

👉痛みに強い方

ニードル脱毛は施術時に強い痛みを伴いますが、永久脱毛が可能な唯一の脱毛方法です。痛みに強く永久に毛を生えなくしたい方にはおすすめできます。

👉脱毛の仕上げをしたい方

ニードル脱毛は脱毛の仕上げをしたい方にも向いています。医療レーザー脱毛や光脱毛の施術では、ほとんど毛が生えなくなってきても数年後に数本生えてくる可能性もあります。数本だけの毛を施術したい場合、毛を1本1本施術できるニードル脱毛が適しています。

以前より脱毛の種類やメリット、デメリット等ご紹介して来ましたが、実際に自分に合った脱毛店舗を見つける判断材料として頂ければ幸いです🙇‍♂️

またMen’slab ZIRではカウンセリングを重視でお客様一人一人に合ったプランのご提案をさせていただきます✨

皆さまのご来店心よりお待ちしております🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

関連記事

  1. 意外と知らない永久脱毛の定義とは?

  2. 全身は約140万本の毛が生えている!

  3. 勝手に毛を抜くのはNGです!

  4. 脱毛で痛みを感じやすい部位は?

  5. 毛とストレスの関係

  6. 脱毛時にジェルは必要なの?