意外と知らない永久脱毛の定義とは?

今回のテーマは、【意外と知らない永久脱毛の定義とは?】です。

脱毛を行う上で一番大事なのはやっぱり効果の部分だと思われます😌

「エステ脱毛だと永久脱毛が出来ないしな…」とか
「医療脱毛だったら永久脱毛できる!」
など思ってる方が多くいらっしゃるかと思いますが、

なんとなく文字化すると脱毛が完了したら一生生えてこなくなると思いますよね😎

実は永久脱毛には既に定義化されています。

永久脱毛の定義とは

FDA(アメリカ食品医療品局)によると
『一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること』とされています。

また、AEA(米国電気脱毛協会)によると『最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める。』とされています。

これを聞くと、
え?20%以下って事はある程度生えてくるの😅?
最終脱毛から1カ月後という期間があるの?🥲?
と思った方も多いはずです…

実際に永久脱毛を終えた方でも毛が生えてくる可能性はあります。

これはエステ脱毛でも医療脱毛どちらでもあり得ます😅

しかし、脱毛をやる意味が全くなくなる意味がなくなるわけではございません😌

生えてくる可能性はあるが、生えてきた場合でも毛の本数は脱毛前に比べると格段に減るので、その状態を長く維持出来る事は可能となっております😎

【半永久脱毛】
この言葉がちょうど良いと思います☺️

実は永久脱毛も完璧ではありません💦
生えてくる可能は少なからずあります😅

ただエステ脱毛でも医療脱毛でも日々の脱毛で手入れが格段に楽になります✨

次回以降、
この永久脱毛の定義をご説明させていただいた上で

エステ脱毛と医療脱毛とニードル脱毛の違いやそれぞれのメリットデメリットをご紹介致します😌

関連記事

  1. 脱毛で痛みを感じやすい部位は?

  2. 脱毛に日焼けがNGな理由を解説!

  3. 【Men’s MOTEHADA】に特集されました…

  4. 毛とストレスの関係

  5. 意外と知らない医療脱毛落とし穴

  6. 脱毛後は服薬NGな理由!