脱毛後は飲酒NGな理由!

本日も皆さまにとって脱毛の有意義な情報を発信していきます🔈✨

今回は「脱毛後飲酒がNGな理由🍺」です☺️

脱毛サロンで、お手入れ前後の飲酒を制限しているのには理由があります💦

飲酒をすると、全身の血行が良くなるため体温が上がり、肌に赤み・かゆみや、刺激により湿疹が出ることがあります😅

このような状態で脱毛を行うと、肌にダメージを与えてしまいます。。

また、飲酒によって体内の水分も奪われるため、肌が乾燥するなどお手入れしにくる状態になってしまったり、脱毛効果が半減してしまったりと、、😅

飲酒の影響が抜けないうちに脱毛をすると、普段は何ともなくても、肌が敏感になっているため肌のトラブルにつながる可能性があります⚡️⚡️

そういった脱毛のトラブルを防ぐために、一定の時間を置くことが推奨されています🕰️🙏

アルコールの分解速度には個人差がありますが、
飲酒をすると、アルコールは体内に速やかに吸収され、血中濃度がピークになるのは30分~2時間後とされています🥲

その後、体内のアルコール濃度は下がっていきます。アルコールの分解(消失)速度は、ビール中ビン1本を想定した場合、一般的には男性で約2.2時間、女性で約3時間といわれていますが、これはあくまでも一般的な平均値です🥸

お酒の強い・弱いは関係なく、アルコールが抜けて身体が元に戻るまでには時間がかかります💦

実際、脱毛サロンでお手入れする場合は、脱毛前夜と脱毛後の夜の飲酒は控えることが推奨されておりほとんどの脱毛サロンやクリニックではお手入れの前後12時間以内の飲酒は極力控えて頂くようお願いしております😞🙏

お酒は利尿作用があるため、飲酒後は体が水分不足となって肌も乾燥する傾向にあります😅

また、飲酒後に無理して施術を受けたり施術後に飲酒をしたりして肌トラブルを起こせばしばらく施術が難しくなってしまいます、、

施術しなければ脱毛は進まないので、満足いく結果になるまでに時間がかかることになります🥶

さらに、飲酒後は肌が敏感になることがあり、施術中の痛みをいつもより強く感じる可能性も🙄

痛ければ脱毛機の出力を落としての施術となる可能性もあり、

脱毛効果は脱毛機の出力に比例するため、低い出力だと脱毛効果は出にくくなります😨

もちろん脱毛前の飲酒もNGです🙅‍♀️🙅‍♂️

せっかくの脱毛で効果が半減してしまうはとても勿体ないですよね…

気づかないところで脱毛効果を落としている方も中にはいらっしゃるかと思いますが、血流を良くしてしまう行為の中で

【お風呂🛀サウナ🧖‍♀️激しい運動💪⚽️】も含まれます。

少しだけ🤏
少しだけ我慢していただけると脱毛効果がしっかり出てくるのでご協力のほどよろしくお願い致します🤲

関連記事

  1. カウンセリングの際に何を質問すればいいの?

  2. 無料カウンセリングってどんな感じ?!

  3. VIOってご存知ですか?

  4. 脱毛に最適な季節っていつ?

  5. IPL脱毛のメリット・デメリット

  6. 勝手に毛を抜くのはNGです!